イザという時の故障に備えて覚えておく池袋のiPhone修理

iPhone修理

水没したiPhoneの復旧率が下がる行為

水没したiPhoneは、間違えたやり方で応急処置を行うと復旧率を下げることになります。特に、iPhoneの中に入った水分を取り出すために本体を振ると、水分が内部に染み渡ることになるので逆効果となります。
さらに、iPhoneが濡れた状態で振ることによって、手を滑らせて本体を落とす可能性もあります。
また、水没しても使うことはできますが、無闇にiPhoneの電源を入れたり切ったりすることにより、いきなり画面が反応しなくなったりします。
そのため、水没したiPhoneはいじらずに、電源が付くならデータのバックアップを取るだけで済ませるのがポイントです。
ちなみに、濡れたiPhoneを乾かすためにヒーターやドライヤーで乾かそうとすると、機械は熱に弱いのでデータが飛ぶ確率が高いです。
場合によっては、iPhoneの修理を依頼しても直らないので、端末自体の交換に発展します。そして、濡れたiPhoneを充電すると、内部が濡れている状態なので内部浸食が進行することになり、ショートする原因に繋がります。
水没したiPhoneは電源のオンオフを繰り返したり、本体を振ったり充電といった電流が流れる状態にすると、修理による復旧率を下げることになります。

INFORMATION

iPhoneの画面が割れた時の対処

今回はiPhoneの画面が割れてしまった時どうすれば良いかを書いていきますので。iPhoneユーザーであれば大半な方は画面にヒビが入るという経験があると思います。しかし中には激しく落とし…

MORE ▶

バッテリーの寿命について

私はiphone5Cを使っているのですが、バッテリーの能力が新品の90%以下になっていたので、アップストアにて交換してもらいました。ちなみにアップストアではiphoneのバッテリー交換に…

MORE ▶

どんな事が有っても対応してくれる

私はどんな事が有ってもiPhoneの修理に関しては正規店で修理するようにしていますが正規店以外の商店との違いを各項目別に記載したいと思います。1.正規店の場合まだ店舗数は少ないで…

MORE ▶

水没したiPhoneの復旧率が下がる行為

水没したiPhoneは、間違えたやり方で応急処置を行うと復旧率を下げることになります。特に、iPhoneの中に入った水分を取り出すために本体を振ると、水分が内部に染み渡ることになるので逆効果とな…

MORE ▶